富田林寺内町「ヨーロッパのみの市・たびもぐらカフェ」ブログ

たびもぐらカフェのお店のこと・買い付け旅のことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遅れます

申し訳ありませんが、体調を少し崩してしまいました。
体調よくなり次第お店に向かいます。

ご迷惑をお掛けします。
  1. 2014/02/15(土) 11:14:53|
  2. たびもぐらカフェの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Snow Snow

朝起きて、いつも縁側に出るのですが
今朝は縁側に続くぼかしガラスの扉が、明るい。

あ、もしや!!!

yukiengawa.jpg
やっぱり~!!!!!


雪ですね。
私は大喜びだけど、とらのすけは外に出たがりません。。


本日はお休み頂きます。

2月の営業は、土曜日&不定営業とさせて頂いております。
相変わらず、ゆるゆるなお店で申し訳ありません。

また春からおもしろい動きができるように
春に向けて、新芽を待って。

明日土曜日は開けられますように。
雪もぐら
IMG_6397.jpg
  1. 2014/02/14(金) 10:35:10|
  2. たびもぐらカフェの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

もりだくさんな週末① 土曜日は藤岡啓子(きーこ)のたびばなし

この週末、ありがたいことなのですが
非常に盛りだくさんでした。

先週が「鍋めぐり」で、ばったばただったことを忘れるほど。

というのも
土曜日は、藤岡啓子さんの写真展「空の果てに生きる」の最終日だったのです。
お昼から、最終日とあって多くの方が見に来られました。

そして夜は、その藤岡啓子(きーこ)さんの「たび・ばなし」

遠くは関東からや中部からも、この旅話を聞きに来て頂きました。
きーこ、すごいなぁ。ありがたいなぁ。

皆さん、口をそろえて言われるのは、
「大阪と聞いてたけど富田林は遠くてびっくりした。」



ええ、そうなんですよ。。てへっ、ばれちゃいました?


特に関東や中部の方など、(九州からや、四国・岡山からも写真展を見に来て頂きました)
近畿圏にお住まいの方以外は、
「大阪にあるんか、ふむふむ行ってみるか、大阪観光と合わせて」

などと、初めての場合、安易に(失礼な言い方ですいません。。)
「たびもぐら」行きを決めるのです。

そして、「ほんとにここは大阪なの?」と
近鉄電車で向かっている途中、思われることでしょう。

でもとってもありがたいのは、
そんな方々が、気がつけば、何度も「たびもぐら」や
「寺内町」に足を運んで頂くことになっていること。

先日、横浜から3度目の来店をしてくださった方もぽつり。
「大阪というか、関西来たら富田林にしか来てない・・・」

なんという、パワースポット!いや、吸い取り紙!

どこよりも、温かさと人の繋がりと、町の魅力がつまった富田林&寺内町だから、
きっと吸い寄せられるように通いたくなって、来て頂いているんだと思います。


本当にありがとうございます。


肝心のきーこの旅話は、最高でした。

彼女とは、昨年のカンボジアで出会ったのですが、そこから徐々に仲良くなって
今回の写真展と旅話に繋がりました。

過去最高に、質問が飛び交った「たび・ばなし」、
人柄がいっぱい詰まった旅のお話は、おもしろくて、
やっぱり旅に出たくなって。。

うずうず。。

うずうず。。。


皆様、ありがとうございました。
  1. 2014/01/22(水) 17:59:25|
  2. たびもぐらカフェの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒマラヤの風を。

今日も寒かったですね。
でもお天気はよくて、奥の部屋には日差しが差し込んでぽかぽか。
今週はずっと来ている、我が家の看板犬には程遠い、とらのすけ(1歳オス)も
うっとりしておりました。

たびもぐらカフェでは、いよいよ今週土曜日に最終日を迎える
藤岡啓子さんの写真展「空の果てに生きる」を開催中です。
1013208_638203526239047_1369489951_n.jpg
白黒つながりで、とらのすけも出演中。※置物ではありません。

インド・ラダックというヒマラヤ山脈に程近い3500m以上ある高地の写真。

全てモノクロの写真なのですが、
風の吹いている様、青々とした高い高い空が広がっている様
などを想像したり、
写っているその地方の素朴な人々を見て、なんだか懐かしさを感じたりと
いろいろな想いを持って毎日眺めています。

あと2日ですので、お時間ある方はぜひお立ち寄りください。


最終日の18日(土)18時~は、藤岡啓子さんによる
たび・ばなしも開催します。
1年、中東・アジアを中心に旅をされていた藤岡さん、
女性の一人旅、とても興味があります。

もしご興味ある方は、ぜひお越しください。
ご予約はtabimogura@gmail.com
飛び入り参加もOKです。


さて、先日、以前から気になっていた方の本を読みました。
山口 絵理子さんの「裸でも生きる」という本です。
y.png


アジア最貧国と言われているバングラディッシュで
起業をするお話です。

なんというか、すごくすごく勇気づけられる本でした。

山口さんのことは、以前旅先で出会った友達から聞いていて
ずっと読んでみたいと思っていたのですが、
この今のタイミングで読んだこともなんだか意味があるような気がして。

とても読みやすいです。
よかったらぜひ。たびもぐらの旅のブックカフェコーナーにも置いておきます。

  1. 2014/01/17(金) 00:31:26|
  2. たびもぐらカフェの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な出会い①ボルネオ保全トラストジャパン&ソムリード

鍋めぐりの次の日の日曜(12日)も
たくさんの方が寺内町散策の途中に、お店に来て下さいました。

そんな中でとても素敵な出会いがありました。

出会ったのはミッシーとイッシー!

以前、アフリカのお話をお店でしてくれたことのある、舎川はるかちゃんのお知り合いです。
お二人とも国際協力のお仕事や勉強をされていました。
とても素敵なお話だったので、紹介させてもらいます~。

イッシーが活動している
ボルネオ保全トラスト・ジャパン
640x250_proboscis_2.png

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
世界で3番目に大きくアジアでも最大の熱帯雨林を持つボルネオ島は、
生物多様性にあふれる地球上でも有数の「生命の宝庫」です。
しかし、森林伐採やアブラヤシのプランテーション拡大によって、
熱帯雨林は急激に減少しています。
そのため、森をすみかにするオランウータンやボルネオゾウ、テングザルなど、
絶滅が危惧される野生動物も少なくありません。

一方で、アブラヤシから採取されるパーム油は食用、洗剤、バイオ燃料など
さまざまな用途に使用されており、人間の生活においてとても大事な役割を担っています。
他の植物油と比べて価格も安く生産量も多いパーム油は、
人々にとってもはや欠かすことのできない油であり、その生産や消費をとめることはできません。
日本も、たくさんのパーム油を輸入しています。

責任ある資源利用とは ー ボルネオ保全トラスト・ジャパンは
さまざまな生物が生きる自然環境を保護して生物多様性を保全し、
人と自然が共に生きることのできる環境を次世代に引き継ぐための活動を続けています。

ボルネオ保全トラスト・ジャパンの使命は、
開発によって分断された森と森をつなぐ「緑の回廊」や「吊り橋」、
アブラヤシのプランテーションに迷い込んだ動物を一時的に保護する
「野生生物レスキューセンター」をつくってボルネオ島の生命を未来へつなぐこと、
また環境教育を通じて生物多様性の重要性を伝え、
人間と自然が共生できる地球環境を次世代に引き継いでいくことです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※以上ボルネオ保全トラストジャパンさんのHPより引用させて頂きました。

旦那さんのカケシくんは、すごくジャングル好きで
バックパッカー時代にはインドネシアのジャングルにも行ったことがあるので、
とてもこの活動に興味を持っておりました。

マレー語で「森の人」という意味のオランウータン。
昔は東南アジア全域に分布していましたが、
今はボルネオ島とスマトラ島にしか生息していないそうです。
この100年間で90%減ったといわれ、絶滅危惧種となっています。

一方、パーム油は、人間の食べるポテトチップスやマーガリン・即席めんといったものに
たくさん使われているそうです。

ん~。。。なんだか変なの。。
もう少し勉強したくなる内容でした。

2月2日には、西日本最大の国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」において、
講演会をされるそうです。
興味ある方はぜひ行ってみてください。

そしてもう一つ、ミッシーが活動しているのが
ソムニード
コミュニティ・経済・環境のバランスのとれた社会をつくる」ことを目標に
岐阜・高山、ネパール、インドでプロジェクトをしていらっしゃるそうです。

こちらは直接詳しくお聞きすることができなかったのですが
こちらの活動もとても興味深いです。
次回お会いしたときにもっと詳しく聞いてみたいです。

いろいろな活動をしている人がいらっしゃいますねぇ。
すごいなぁ。
最近、自分のためにではなく誰かのために、何かのために
人生を捧げている人にたくさん出会います。

なんだか、小さなことを自分中心に考えて、
うだうだしている自分を感じます。
これだけ自由に選択できるこの現代の中で、
どんな風に生きるのか、そんなことを30代にして、
真剣に考えてしまうそんな2014年の始まりです。




  1. 2014/01/15(水) 22:14:13|
  2. たびもぐらカフェの日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。