富田林寺内町「ヨーロッパのみの市・たびもぐらカフェ」ブログ

たびもぐらカフェのお店のこと・買い付け旅のことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月1日(日) 自給農法のワークショップ

急なお知らせですが、
12月1日(日)に自給農法のワークショップを、
京都で活動する市川ジャンさんをお招きして開催することになりました。
hatakegakko.jpg



時間:13:00~15:30くらい 

教えてくれる人:市川ジャン

参加費:一人1000円(テキストつき)

内容:鍬一本で開墾して、自然の恵みの農業を行う「自給農法」について学ぶワークショップ

場所:河南町のはたけ※ご参加頂ける方に別途連絡致します。
   富田林駅からバスで15分程度。
   車でもお越しいただけます。
   ※たびもぐらカフェ集合の場合、12時半までにお店にお越しください。

ご参加頂ける方はtabimogura@gmail.comに11月30日(土)中にご連絡ください。


市川ジャン Profile
京都市京北町在住、自給農民。お山カフェの屋号で自給屋さんのお弁当や、イベント出店のカフェを移住した4年前からスタート。農法は、伝統農法をベースにした無農薬・無肥料・雑草農法の田畑5反(50a)を鍬一本で運営する。冬季には狩猟も開始。現在、自給農法家・糸川勉さんの自給農法研究会世話人。

畑の小学校主催。畑の小学校ウェブサイト http://hatakenogakko.jimdo.com/

Facebookページ https://www.facebook.com/hatakenogakko

「自給農法ワークショップ」
自給農民ジャン
私達は高度成長によって、生きるための知恵を自ら失ってしまいました。
自給的な生活からみれば、市場経済は自ら新たな問題を日々生産しながら、
来世の資源までも食い潰していく合法的破壊活動に思えます。
私はこの失われた知恵(ノウハウ)を取り戻し、後世に伝えていく必要があると考えます。
それにはまず、私達自身がその知恵の重要性に気付かなければなりません。
自給農法による「おばあちゃんにもできる、
いつでも野菜がある八百屋さんのような畑作り」の知恵とは?
そしてそこから見える未来の姿とは?
みんなでシェアできたらと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::
実はとうとう、畑を始めることにしました♪ 
畑はお店のある富田林市の隣の河南町で借りる予定です。
右も左も分からない状況ですが、自分や家族の食べるものを自分たちで作ることを目標に、
のんびりやっていきたいなぁと思っています。 
スポンサーサイト
  1. 2013/11/28(木) 23:35:35|
  2. イベントのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ことり舎】12月7日(土)てくてく市出店者 | ホーム | 【COLZA FLOWER】12月7日(土)てくてく市出店者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sugayuki.blog91.fc2.com/tb.php/514-fdce8a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。