富田林寺内町「ヨーロッパのみの市・たびもぐらカフェ」ブログ

たびもぐらカフェのお店のこと・買い付け旅のことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありがとうございました。クダブックスpresents YouTubeナイト「続・世界アニメーションアーカイブ」

先週26日土曜日の夜に
クダブックスpresents YouTubeナイト「続・世界アニメーションアーカイブ」
を行いました。
クダブックスアニメ2


お寒い中、お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。
kudanight.jpg


昨年9月に第1回目をやったこのイベント、
今回も、とてもおもしろい内容となりました。

1920年代以降のアニメを10本紹介して頂きました!


特に印象深かった作品は「鼻」という1963年に「アレクサンドル・アレクセイエフ」さん
という方によって作られた作品です。
鼻

このアニメはなんと、ボードに無数のピンが差し込んであって、
それを押したり、ひっこめたりして高低差をつけ、
ライトを当てることで濃淡をつけ、それで絵を描き、
カメラに撮ってアニメにするという
途方もない時間をかけて作られた作品だそうです。

アニメにするには1秒に24枚の絵が必要だということなので、
なんちゅう手間・・・・

でも、今のCGの技術でもきっとこの雰囲気は出せないだろうという
微妙な影の濃淡が出ていて、幻想的でした!
しかも「鼻」にまつわる話が、不思議でおもしろかったです。

そして、個人的に大好きな影絵の作品もあり、感動!
「ヘンゼルとグレーテル」のお話でした。
影絵で物語が進むので、表情はないのですが
それが逆に想像力をかきたてられました。


後半は、図形アニメという三角や丸、四角を使った
作品が続き、こちらも音楽に合わせて図形が変化したりしていき、
面白い作品たちでした。

計10本のアニメーションをクダブックスさんの解説とともに
楽しみました。

youtubeから見られるアニメばかりをご紹介頂いたので、
このブログにも少し紹介させて頂きましたが、
やはりクダブックスさんの豊富な知識を
いろいろ教えてもらいながら、一緒に見ることで、
より楽しめると思います。

第3回目のクダナイトも近々開催予定ですので、
お楽しみに!

クダブックスさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 00:28:21|
  2. イベントのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月2日(土)「てくてく 小さな冬のワークショップ市」 【Quesera】毛糸のシュシュ・アクリルたわしづくりワークショップ | ホーム | 2月2日(土)「てくてく 小さな冬のワークショップ市」 【今井杏奈】あんちゃんのお絵描き! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sugayuki.blog91.fc2.com/tb.php/390-228ef265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。