富田林寺内町「ヨーロッパのみの市・たびもぐらカフェ」ブログ

たびもぐらカフェのお店のこと・買い付け旅のことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/19(土)第12回たび・ばなし「インドの中の小さなチベット ラダックの旅」旅人:森山大揮

2013年、新年初めてのたび・ばなしのお知らせです。
第12回たび・ばなしを1月19日に行います!

今回は大学院生である森山さんが行ったインドのラダックという地方のお話です。
DSC_0420.jpg
:::::::::::::::::::::::::::::::::

第12回たび・ばなし
「インドの中の小さなチベット ラダックの旅」
旅人:森山大揮

1月19日(土)18時入場開始 19時スタート
※入場無料 1オーダー制
::::::::::::::::::::::::::::::::
DSC_0518.jpg


【プロフィール】
1990年 三重県松阪市生まれ 自然豊かな場所で育ち、
     アウトドア好きの少年として育つ

2009年 大学進学に伴い大阪へ

2011年 初の海外一人旅。
    カンボジアの首都プノンペンで、たびもぐらのオーナーの旦那さんと
    日本の元ヤクザの方とご飯を食べる。

    そして一人旅にはまる

2012年夏8月 インドのラダック地方に一人旅




はじめまして。今回ラダックの話をさせていただく森山太揮です。
「旅」というからには1、2か月、あるいはもっと長く
旅してきたのかと思われるかもしれませんが、
今回の旅はわずか8日間です。

その中であった出来事(人との出会いをメインに)をすべて
お話しさせてもらうと思います。

お話させていただいた後に必ず、
「ラダックに行ってみたい!」「ラダックいいね!」と
言われるようなたびばなしにしたいです。
人生経験も浅い弱小者ですが、寒い中足を運んでいただければと思います。


DSC_0592.jpg

【ラダック】
小チベットと称されチベット仏教の中心地の一つとして有名。
パキスタンや中国と未確定の国境に接している。
文化大革命で破壊された中華人民共和国のチベット自治区よりも
古い文化が良く残っていると言われる。
外界から陸路で入れるのは夏期のみで、冬は飛行機が唯一の交通手段。


DSC_0535.jpg

DSC_0554.jpg

DSC_0851.jpg

ご予約はtabimogura@gmail.comまで
※当日参加もして頂けますが、見えづらい席であったり立ち見の可能性もございます。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/22(土) 02:32:22|
  2. スライド&トークショー「たび・ばなし」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国からベトナム | ホーム | 1月11日(土)までお休み頂きます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sugayuki.blog91.fc2.com/tb.php/373-1ff77de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。